今年度最後の「”共働舎”とんぼガーデン調査管理活動」

共働舎(横浜市泉区、運営:社会福祉法人開く会)は、
知的障がいのある方のための、障害者福祉サービス事業所です。

 

 

この共働舎内には、
メダカやヤゴなどが暮らし、利用者さんや職員の方々の憩いの場ともなる「とんぼガーデン」があり、
10年以上前からビオトープの改修や維持管理、場の活用などに関わらさせて頂いています。

共働舎・とんぼガーデン

 

今年度は、
このビオトープの維持管理作業を利用者さんと一緒に進めており、
今回は、その最終回でした。

 

今回は、利用者さん5人が参加。

 

最初は、とんぼガーデンを回って、フィールドビンゴも活用しながら全体を把握。
その後は、ビオトープの状況を全員で観察して、調査シートを記入していきました。

共働舎・とんぼガーデン「フィールドビンゴ」 共働舎・とんぼガーデン「池内の落ち葉」

 

次に、現状でどんな生きものが来てくれているのか?
”来てくれた生きものに評価して貰う”ために、採集して観察まで進めていきます。

共働舎・とんぼガーデン「ヤゴ等の採取」 共働舎・とんぼガーデン「ヤゴの観察」

 

 

午後からは、”とんぼガーデン”の管理作業を!

今回は、ヤゴ等の生息状況から大きな問題は無さそうだったこともあり、
憩いの場としてより気持ちよく多くの方に利用して貰えるように、周囲のベンチ等の整備を行いました。

共働舎・とんぼガーデン「とんぼガーデンの整備」 共働舎・とんぼガーデン「とんぼガーデンの整備」

今回も利用者の方々を中心にドンドンと作業が進みました♪

 

 

最後には、全体のまとめを。

年度最後の活動ということもあり、利用者の方々も活動に慣れてきてくださったようで、
積極的な活動や発言などが出ており、
継続していくことの大切さを感じました♪

共働舎・とんぼガーデン「まとめ」

 

来年度も引き続き、
利用者さんや職員の方々と維持管理を進め、
多くの生きものと共に、多くの方が憩いの場にもなるように、
一緒に考え、進めていきたいと思います!

 

今年度も、
共働舎職員の方々、利用者の方々、
プログラムをご一緒に進めてくださっている「あおぞら自然共育舎」の早川さん
関わってくださっている全ての皆様ありがとうございました。

これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

BIotop Guild

「人と自然の繋がり」「人と人との繋がり」を深め、
自然環境に対する意識や考え等を変えていきたい・変わっていきたいという想いで設立しました。

ビオトープについて