EY Ripplesの皆さまとの取り組みについて③

先日、EY Japanの社会貢献活動”EY Ripples” (https://www.ey.com/ja_jp/corporate-responsibility)の弊社への支援事業のひとつとして、スタッフ研修会を開催しました。


第3回目となる今回は、プレゼンテーション研修です。


プレゼンテーションは、つい”自分が相手に伝えたいこと”を中心に話しをしたり、資料をつくってしまうことがありますが、それでは伝えたいことが伝わりにくくなってしまうことがあります。そのため、まずは伝えたい情報を相手の立場に立って整理をし、分かりやすく正しい情報を伝えていくことが大切ということ等を教えていただきました。

実際にどのようにまとめ、プレゼンしていくのかを実践しながら学んでいくため、弊社が業務を受託している千葉市動物公園のこども動物園で飼育・展示している動物の中から1種選び、解説コンテンツのストーリーをつくっていくという課題をグループワークしながら進めていきました。


伝えたい対象がかわることで、伝える内容(ストーリー)が変わってくるため、各グループ同じ動物を紹介するのでも動物の印象や内容が異なる、色々な視点の解説ストーリーをみていくことができ、今回もたくさんの発見がありました。


3回の研修を通して、「相手の立場に立った情報整理」「言葉選びや話し方」「自身の不足していた点、活かしていきたい点」など多くの気づきや学びがありました。


スタッフからも、今回の研修会で学んだことをより具体的に活かしていけるよう、今後も社内でグループワークしながら情報を整理して発信をしていきたいという声があがっています。
こうしたスタッフの想いを業務の中で最大限活かしてもらえるように、よりよい体制づくりを引き続き進めていきたいと思います。


今回も、研修会のために色々とご準備いただき、当日はオンラインによる研修会の運営や、スタッフのフォローのためにご足労いただきましたEY Ripplesのご担当者の皆様、とても貴重な機会をいただき本当にありがとうございました。

BIotop Guild

「人と自然の繋がり」「人と人との繋がり」を深め、
自然環境に対する意識や考え等を変えていきたい・変わっていきたいという想いで設立しました。

ビオトープについて