EY Ripplesの皆様との取り組みについて

先日、EY Japanの社会貢献活動”EY Ripples” (EY Ripples 企業責任プログラム|採用情報|EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社(EYSC))の弊社への支援事業のひとつとして、スタッフ研修会を開催しました。



第2回目となる今回は、ロジカルシンキング、リサーチ研修です。


ロジカルシンキングでは、自分の考えていることや、課題を整理する時に「漏れなく、ダブりなく考え、構造的に整理していくことで、解決策を見出すことができる」ということを、演習で出題された課題についてグループワークしながら学んでいきました。


個人、または会社として抱えている課題に対して、どうすれば解決することができるのか、という事を楽しみながら具体的に学べたことにより、参加したスタッフからは、以下のようなポジティブな意見を多く聞くことができました。


「皆で意見を出し合い整理していく中で、解決策を見出していく楽しさを知った。」


「他の人の意見や考えも学べてとても勉強になる。」


「普段話せないような話題でスタッフと話すことができ、とてもよい機会となった。」


リサーチ研修では、情報収集のポイントや注意事項について教えていただきました。


インターネットですぐに色々な情報が調べられ、集めることが出来てしまう現代。その情報の信憑性や公表先に留意すること、思い込みや偏りに注意して収集することの重要性を学び、それらに注意しながら、出題された掲示物作成の課題に対して必要な情報を集めて、まとめていくという作業をおこないました。



スタッフ同士で話し合い、情報をまとめる中でよいアイデアがたくさんでていたので、今後の掲示物作成時に活かしてもらいたいと思います。


研修を通して、業務に対する意見や考えをスタッフ同士で共有することができ、お互いをより知ることもできる、とても貴重な機会になりました。


今回研修で学んだことやスタッフから出た意見を今後の業務でどう活かしていくのか、習慣づけるために必要なことなどを検討し、行動していきたいと思います。


研修会のために色々とご準備いただき、当日はオンラインによる研修会の運営や、スタッフのフォローのためにご足労いただきましたEY Ripplesのご担当者の皆様、とても有意義で貴重なお時間をいただき本当にありがとうございました。


BIotop Guild

「人と自然の繋がり」「人と人との繋がり」を深め、
自然環境に対する意識や考え等を変えていきたい・変わっていきたいという想いで設立しました。

ビオトープについて